2015年6月10日水曜日

光たんの治療方法について

光たんを大学病院へ
連れて行くかどうか。。
本当に悩んでいます。
いや、さっさと連れて行って
治療を始めたらいいのに、
というご意見のほうが多い
そう思います。
実際、私自身も
何が原因で、
どんな治療ができるのかを
知りたい、
そして早々に治療を始めたい
そう思っている気持ちもあります

ただ、天たんのことを思い出して、
光たんにとって、
何が幸せなんだろう。。
と、悩んでしまっています。
 いつもまでも、このクリクリの瞳で
かぁたんを見つめて欲しい。。。
 最近、こんなふうに眠っていることが多いのは
どこか体調に異変が
あるからなのかもしれません。
今までは、年齢によるものなのかな~と
勝手に良いように判断していましたが。

天たんのこと。。。
中皮腫というガンでした
大量の胸水が溜まり、肺を圧迫し
呼吸困難になります
直接胸に針を刺し、
胸水を抜き取る処置をしていました。
そして、先生からまだ治験段階だけれども。。
と新しい治療を紹介していただき、
実施することに。。。
残念ながら
天たんには効果がありませんでしたが
天たん、痛い思いをたくさんさせたね。。
寂しい思いもいっぱいさせたね。。
よく頑張ってくれたね。。

本当に、この治療をして良かったのか
何も手を尽くさずに、
天たんを失うのが嫌だっただけ
これって、私の自己満足だったのでは?
『これだけやったのだから・・』
『できるだけの手を尽くしたのだから・・』
ただ、ただ、私自身のために
天たんに、痛い思い、寂しい思い、
苦しい思い、辛い思いを
させたのではないか。。。と

光たんには、膀胱結石と
今回見つかった腎臓結石があります。
大学病院へ行けば、
きっと手術になると思います。
9歳になった光たんには
麻酔のリスクもあるでしょう
大学病院は札幌にあり
我が家から車で小一時間
仕事もあり、毎日訪ねるのは
難しいことも明白です
でもきっと、
私は元気になる手立てがあるなら
やりたいと思うでしょう。。
それが本当に光たんの
幸せになるのか。。

長々と取り留めのないこと
答えが出ないままに
なりましたが。。

光たんらしく、
我が家の家族の一員として
過ごしてもらうには
どうするのがいいのか。。
本当に悩むところです。
ずっと一緒にいたかったよ、天たん
ずっと一緒にいたいよ、光たん

悩めるおばちゃんに
応援ポチッとお願いします。にほんブログ村 犬ブログ 兄弟犬・姉妹犬へ
にほんブログ村